1:Egg ★: 2015/09/29(火) 09:27:31.10 ID:???*.net
追加種目の「大本命」とされてきた野球・ソフトボールが、2008年北京五輪以来、3大会ぶりに五輪の舞台へ復帰する見通しとなった。ともに金メダルが狙える国内屈指の人気スポーツだが、追加種目が乱立した影響も避けられない。

最大の懸案は、出場チーム数が北京五輪の「8」から「6」へ減少したことだ。特に野球は日本代表「侍ジャパン」の試合数が必然的に減り、1試合5万人規模の入場料収入とテレビの高視聴率が見込める「ドル箱」への影響は必至だ。

ネックになったのは選手数。野球だけで1チーム24人で計144人と追加種目枠500人の3割近くを占めた。組織委幹部は「そこが議論になった。悩ましい選択だった」と打ち明けたが、理事会では「6チームはありえない。面白くない」と率直な反対意見も出た。

盛り上げや収入面で開催都市に“うまみ”をもたらすという本来の提案権の趣旨を生かし切れなくなってしまった。(以下略)


ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150929-00000081-san-spo

元スレ
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1443486451/

2:名無しさん@1周年: 2015/09/29(火) 09:28:30.83 ID:pShR22FU0.net
12ぐらいは欲しい

4:名無しさん@1周年: 2015/09/29(火) 09:29:03.74 ID:l4rDXjk50.net
8チーム2グループ予選総当たりで
2チーム進出でいいんじゃね

10:名無しさん@1周年: 2015/09/29(火) 09:33:57.98 ID:DNYvF2HA0.net
全チーム入賞確定で半分はメダル貰えるのか、何だそれ。

11:名無しさん@1周年: 2015/09/29(火) 09:34:02.07 ID:niSHme1s0.net
WBCあるしオリンピックに野球はいらないが、ソフトボールはあってもいいだろ
ソフトなら陸上競技場でできそうだし、廃止されないよう今後はそこで競技した方がよさそう

16:名無しさん@1周年: 2015/09/29(火) 09:37:55.97 ID:lhoAmLG30.net
野球好きだが、五輪にはもうふさわしくないだろ。

29:名無しさん@1周年: 2015/09/29(火) 09:42:35.44 ID:PutBBRHj0.net
野球はいらんメジャーもこんなので怪我されたら困るから
オーナーは3流選手だしてくるよ

39:名無しさん@1周年: 2015/09/29(火) 09:47:35.23 ID:L1a7JPXK0.net
6チーム
日本、韓国、台湾、アメリカ、プエルトリコ、キューバ程度で
本気なのは日本と韓国だけ

41:名無しさん@1周年: 2015/09/29(火) 09:47:49.25 ID:pbEmwTZU0.net
今だって6チームのリーグ戦を必死になって面白いって洗脳してるじゃん

54:名無しさん@1周年: 2015/09/29(火) 09:50:48.94 ID:COiMX1td0.net
>>41 リーグ戦だからね。いっそ、オリンピックもリーグ戦でw

36:名無しさん@1周年: 2015/09/29(火) 09:47:00.02 ID:vyeP/S+X0.net
つい最近、正式種目から外れた理由を考えた事があるのかな、野球を推してる偉い人達って

46:名無しさん@1周年: 2015/09/29(火) 09:48:23.66 ID:CaNn8VwF0.net
またこうやってやきうが笑われて憎まれて
ますますやきう離れが進んでいくんだろうな
団塊老害がなんかやるといつもこうやって逆効果になる

74:名無しさん@1周年: 2015/09/29(火) 09:59:46.79 ID:UFOPCefg0.net
野球は海外じゃ放映権売れないだろうな
必死に根回しするしかないんだろうな
無理にやらなくても良いんじゃないかな

111:名無しさん@1周年: 2015/09/29(火) 10:19:39.58 ID:r4l7fALN0.net
ボウリングやスカッシュやるよりマシだろ

129:名無しさん@1周年: 2015/09/29(火) 10:27:14.75 ID:ehkF6DIG0.net
つーても日本では野球は高収益を見込める種目だからな。

135:名無しさん@1周年: 2015/09/29(火) 10:29:52.03 ID:ni4QtZB40.net
五輪種目で参加国が6つだけなんて競技は他にはないだろ
これでメダルとか言って騒がれてもなんかねー
同時期の高校野球のほうが面白そう

新着記事