1:ひろし ★: 2015/10/29(木) 20:45:25.60 ID:???*.net
[北京 29日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は29日、交易ルートの航行の自由を維持することは重要だと述べ、中国に対し南シナ海の領土問題を国際裁判所で解決するよう促した。

中国が自国の領海と主張する南シナ海の人工島から12カイリ以内の海域に米国が軍艦を派遣したことで、両国間の緊張が高まっている。この問題について米中海軍の高官が協議する予定。


ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151029-00000097-reut-n_ame

元スレ
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1446119125/

2:名無しさん@1周年: 2015/10/29(木) 20:45:59.91 ID:N4iuOKok0.net
中国韓国は全然ここに出てきませんな

6:名無しさん@1周年: 2015/10/29(木) 20:47:36.72 ID:WtjKTnke0.net
出来ないのを知ってて言ってるメルケルw

10:名無しさん@1周年: 2015/10/29(木) 20:47:52.54 ID:IT+UEbq90.net
そんなんで解決してたら日本の多くの問題が解決してるわwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

17:名無しさん@1周年: 2015/10/29(木) 20:49:53.92 ID:cPIs4iQt0.net
アンタはこっちに首突っ込んでないで
vw不正をどうにかしろよ。

19:名無しさん@1周年: 2015/10/29(木) 20:50:43.54 ID:b1l7gAli0.net
中韓はそういうレベルじゃないんですよ>メルケルさん

今まで日本がどれだけ苦労したか、わかってくださいな

24:名無しさん@1周年: 2015/10/29(木) 20:52:41.43 ID:AKCVdQB90.net
もうフィリピンが訴えていて、チャイナは「無視する」と言ってるんだが。

27:名無しさん@1周年: 2015/10/29(木) 20:53:17.57 ID:2443bWY00.net
メルケルさんボケてしまったん?(´・ω・`)
...まあ実際には「中国にしっぽ振ってませんよ」アピールなのかもしらんが。

39:名無しさん@1周年: 2015/10/29(木) 20:55:29.72 ID:ryoVbJHS0.net
アメリカを支持する と言えないメルケル

50:名無しさん@1周年: 2015/10/29(木) 20:59:03.04 ID:kyiLkpRu0.net
そんな話ができるならそもそも中国は基地作ったりしない

57:名無しさん@1周年: 2015/10/29(木) 21:00:20.15 ID:F/IYgCDZ0.net
こうしてみると、国際法って意味が無いんだなーって思うわ
裁判所に訴える前に、岩礁埋め立てで領土主張ってのは
確実に違法なんだろ。それなのに役に立たない国際司法裁判所でってw

68:名無しさん@1周年: 2015/10/29(木) 21:03:50.66 ID:AKCVdQB90.net
>>57
そりゃ法に従わせる強制力がないからね。
国連常設軍なんてないんだから。

51:名無しさん@1周年: 2015/10/29(木) 20:59:21.28 ID:9nDDfW/70.net
まあ、中国から遠くはなれた欧州からしたら所詮は他人事だろうしな、気楽でいいな。

83:名無しさん@1周年: 2015/10/29(木) 21:09:41.69 ID:HwUrOb120.net
ドイツや英国は、中国経済が頼みだからな

旗幟鮮明にどっちに付くかなんて言うわけない
自分の意思表示せず、裁判所に判断を放り投げてその場をしのいだだけだろ

86:名無しさん@1周年: 2015/10/29(木) 21:10:02.33 ID:rmcHvKAjO.net
ドイツに限らずEUは、中国の金は欲しいが中国の横暴を自国に持ち込まれるのだけは絶対にイヤ
だからこういう微妙な物言いになるんだよな
ましてやメルケルじゃあな

99:名無しさん@1周年: 2015/10/29(木) 21:12:21.84 ID:TpI27+Br0.net
日本だってイランやウクライナのこと言われても
お茶濁すくらいしかできないんだから人のこと言えんだろ(´・ω・`)
話題にさえ上がらなかったイギリスに比べりゃ
遥かにマシ

132:名無しさん@1周年: 2015/10/29(木) 21:23:11.11 ID:fj+NeTWT0.net
いいけどさ、でも自国のことも見なきゃ。
VWショックの次は、ドイツ銀行破綻危機だよ。

新着記事